みなさま、はじめまして。

ヤリ田工務店
鑓田嘉利と申します。

まずは、ヤリ田工務店のホームページにお越しいただき、数ある住宅メーカー・工務店の中から当社の家づくりにご興味をいただき、ありがとうございます。

私たち、ヤリ田工務店では、「自然素材でつくる和モダン住宅」というコンセプトで、「基本性能が高く、長く安心して暮らせる住まいづくり」を行っております。
家づくりを検討されているあなたさまの少しでもお役に立てれば幸いです。

私たちヤリ田工務店は、大正2年の創業より地元邑楽郡に根をおろし、100年間「住まいの主治医」として地域の皆さまに住まいをお届けしてきました。

また、代々続く大工の技術と知識を認められ、高鳥天満宮のお抱え大工を担い、館林消防や農協社屋の建て替えなどにも携わってきました。

これからも地域に「暮らし」を提案し、「住まい」を守り続ける存在でありたいと思っています。そのために、私たちが大切にしている3つの約束をお伝えします。

1 地域にほどよく馴染む、
普遍的な「和モダン」デザイン

住宅にも流行り廃りがあり、毎年『〇〇風』『〇〇工法』というものが出ては消えを繰り返しています。そこでヤリ田工務店では飽きのこないデザインを目指し、日本固有の「和」の心に響き、尚且つモダンなデザインの住まいを提供しています。柔らかな塗り壁の質感と、木製の板ばりをはじめとしたシンプルで普遍的な和モダンデザインになっています。

また、単なる住居を建築する会社ではなく、お客様一人一人の「世界にひとつの家」を建築し続けていく会社でありたいと思っています。夏場BBQが楽しめる広いウッドデッキ、上州の厳寒な冬も暖かく過ごす薪ストーブ、そして愛車と暮らすガレージハウス…。そんな暮らしを楽しむ住まいをデザインしていくことが、私たち建築士の使命です。

2 快適かつ
住み継げる基本性能・素材

群馬という土地を考えた「快適さ」と「耐久性」を持つ住まいを建築する。それが私たちの使命です。日本の住宅寿命は、27年。この日本の家づくりに大きな問題意識を持っています。せっかく建てた住まいをわずか数年でリフォームしなければならない、そのような家づくりはいたしません。私たちは、日本の高温多湿な気候に加え、上州の厳しい暑さと寒さを耐えることのできる断熱材「セルロースファイバー」を標準で施工しています。木質繊維の自然素材セルロースファイバーに加え、調湿性の高い「塗り壁材(漆喰・珪藻土)」を使用することにより、「夏涼しく、冬暖かい家」が実現します。

耐久性にも着目し、ヤリ田工務店では、「無垢材のヒノキの4寸角の柱と土台」をご提案しています。3.5寸角の柱の方がコストダウンできるというメリットもありますが、4寸角の柱の方がより、耐震・耐久性の高い家づくりが可能になります。

長く快適に住んでいただける住処を提案し、提供することが建築士の誇りであると考えています。

3 100年の伝統技術と
高い施工品質

私たちは、お施主様に寄り添いながら、より丁寧に より確実に、設計も施工も手がけていくことを信条としており、私たちの技術でつくりあげた家は、築40年を過ぎても、安心して住み続けることができます。

私たちヤリ田工務店は、地元板倉町で100年前から3代続く唯一の工務店です。住宅だけではなく、神社や公共施設の設計・施工に携わることができたのは、先代からの伝統技術の継承と、地域の皆様の信頼があったからこそです。

住むほどに満足度が高まる「設計品質」と「施工品質」を大切にしていきたい。そんな想いから、他の住宅メーカー・工務店よりも工期を長くいただいております。 安心安全の住まいを建築することが私たちが担う地域への役割だと捉えています。住むほどに愛していけるお家を建築していくために、設計にも施工にも妥協は一切ありません。また、地域の暮らしを支える地元工務店としてアフターサービスも責任を持って行っております。